リニューアルオープン記念 店内全商品20%OFFクーポン配布中 ここをクリック!

あまざけとは?

 あまざけとは、「さけ」と、呼ぶので、お酒が入っていると思われている方も多いです。

 確かに、作り方によっては、酒粕を入れる場合もあります。

 一般的には、米こうじを糖化させて作ったものと考えられます。

 

 

「糀あまざけ」と呼んだりもしますが、紛らわしいので、「甘糀」と呼ぶようにしています。

「あまこうじ」を撹拌し伸ばしたものが「あまざけ」です。

 

 

【つぶつぶの状態/あまこうじ】

あまこうじ

 

【伸ばした状態】

あまざけ

 

市販してある、比較的安価な「あまざけ」は、お砂糖や寒天などが入り、かさまししてあります。

 糀と米のみ使用のものが、本当の糀あまざけです。

 ですが、常温で置かれている「あまざけ」は加熱殺菌してあります。

 これは、流通させるためには仕方ない事なのです。

 冷蔵で保管してあるものは加熱殺菌されていない=こうじ菌が活きている、物もありますが、日持ちと保管面を気をつけなければなりません。

 生きていると言うことは、発酵が進むと言うことです。発酵が進むと言うことは、ガスを発生し爆発すると言うことです。

 低い温度帯では、菌もおとなしくなりますので、味を保つことが出来ます。

 加熱殺菌した甘酒にも、酵素が無くなるだけで、アミノ酸や食物繊維は含まれております。ブドウ糖が早く吸収されますので疲労回復にも役立ちます。

 ただ、食物を分解する作用は無くなると言うことです。

 また、糀はお米からできていますので、カロリーはご飯と同じと考えられます。