リニューアルオープン記念 店内全商品20%OFFクーポン配布中 ここをクリック!

お味噌・お醤油の塩分濃度

 最近では健康志向が高まり、減塩がよいという事が言われております。調味料などを購入する際に、塩分含有量を気にされる方も多いのではないでしょうか?
 市販されている多くの調味料や加工食品が塩分を控える傾向にありますが、あの、「〇〇%減塩」と書かれている基準は、その会社の製品と比べてなので、他社製品と比べてどうなのかと言うところまでは解りません。

 また、味噌や醤油の場合、醗酵作用が塩によって大きく影響を受けるため、おいしい味噌や醤油を造るためには食塩が重要です。 製造の過程で減塩することにはあまり意味がありません。むしろ危険です。

 味噌や醤油は他の食品と違って、そのまま食べることはほとんどありませんから、塩分含有量が多くても、そう重要視する必要はないかと思います。

 例えば味噌の場合、味噌汁として摂取するときは、塩分濃度は1%くらいとなります。

 塩分の摂り過ぎで問題なのは、高血圧や心筋梗塞などの原因になると考えられている点です。 しかし、ナトリウムはカリウムと一緒に摂取することで、体外に排泄されやすくなります。

カリウムを多く含む食材とは、里いも、ほうれん草、カボチャ、ワカメなどになります。

 普段から工夫しながら、健康に良いものやおいしいものを丁度良い量だけ食べる。これが、心も体も健康で豊かな食生活を送る秘訣だと、私たちは考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

父の残していた文章シリーズです。

私も同感です。

美味しい物(高級なもの高カロリーなもの)を少しだけ頂くのが大好きです。

お野菜などはお腹いっぱい食べます。

特に、サラダには「ポンしょうゆ」をかけて食べるのが大好きです。ノンオイルですのでカロリーを気にしなくていいですし、どんなお野菜にも良く合います。

父が書いていますように、わかめなどカリウムを多く含む食材と一緒に摂取すると、余分なナトリウムは体外に排出してくれるようです。私も、お鍋をした後の昆布などは残さず食べるようにしています。

身体の事を気遣って味の無いものを食べるより、バランスよく美味しいものを体内に取り入れ余分なものは排出させる工夫こそが心にも体にも豊かな食生活であり、生き方上手とも言えると思います。

 

お味噌汁